私の父親は、精神系のお薬を処方されています。

定年を過ぎて、少しずつ鬱気味になってしまい、心療内科に通うようになったのですがそれでも症状が改善されずに、精神病棟に入院することになりました。
今は、退院したのですが、通院と服薬が続いています。

仕事を休んでいたのですが、1ヶ月後から会社への復帰をすることを先生が認めてくれたので、今度、父親の会社の産業医さんとの面談があることになりました。

今まで、父親は自分が飲んでいる薬に対して、何も言わなかったのですが、産業医さんに自分の飲んでいる薬を伝えるために、何を飲んでいるのか把握しておかないといけないということになり、自分がどういう薬を飲んでいるのかをネットし調べ始めました。

そして、調べ始めたその夜に急に「今の薬はきついみたいだから、毎晩飲むように処方されているけど、それを2日に1回飲むようにする」と急に言い出しました。
先生から処方されているお薬ですし、精神系のお薬なので、自己判断で量を減らすのも増やすのもとても危険です。

私と母親は、せっかく今は症状が落ち着いてくれているのに、そのように勝手な判断で薬を減らし、また調子が悪くなるのを恐れて、必死で父親を説得しました。
父親は「もう自分は大丈夫。自分のことは自分が一番わかっている」と言っていたのですが、私たちが必死に説得をして、嫌々ながら薬は毎日飲んでくれています。

精神系のお薬は、急に飲まなくなると、また調子が悪くなってしまうことがあるみたいです。
先生が、薬の量を徐々に減らして行ってくれて、それで症状が大丈夫になっていけばいいのですが、勝手に判断をして薬を減らしたことで調子が悪くなっても、病院に行った時に先生になんて話していいかわかりません。
そんなときはたいてい看護師さんに話をしています。
すごく優秀な看護師さんでだいたいのことは理解してくれます。
あ、余談ですが全国的に精神科の看護師は不足気味だそうです。秋田東病院も例外ではないようです。
たくさんの看護師さんが応募してくれるとうれしいですね。看護師求人秋田.xyz

父親自身も、何ヶ月も薬を飲み続けるのが嫌みたいですが、一生飲み続けることはないので、今がんばって先生の言うとおりに服薬を続け、徐々に薬の量を減らしてもらい、薬を飲まなくてもいい生活になれるように、していきたいなと思います。