ステーキ
最近嬉しかったことと言えば何と言っても株です。
ここ1か月日経平均は20100円から19400円と4%近く下落しています。当然私が保有している株の大半は日経平均に連動した動きで価格は下落傾向で、損失を軽減するために日々奮闘中なのですが思うような成果は上げることが出来ません。

ところが、ところがです。昨年10月に購入したペッパーフードサービスの株価は全く別で予想外に急騰しているのです。購入当時は1018円だった株価は今現在の値は7130円。何と半年余りで7倍にもなって税引き前の含み益は180万を超えました。株式購入を始めて15年以上になりますが購入した株が短期間で7倍にも値上がりする、このような経験は初めてで嬉しい限りです。

購入のきっかけは、たまたまかけたテレビで、立ち食いステーキ(いきなりステーキ)に人気出ていることを知り、調べてみるとペッパーランチを運営しているペッパーフードサービスが新たな事業として最近始めたということでした。正直、値上がりはあまり期待しないで株主優待(食事券3000円)でステーキを食べることが狙いで優待権利を得るために300株を購入したのです。ステーキを食べるための権利を得るためには約30万円必要だったので迷いに迷ったのですが、一度購入してしまえば毎年優待を受けられるし配当もあるということで思い切って余裕のない資金を投入し購入しました。

購入後も日経平均に連動するように上昇はしていたのですが、年が明けるとアメリカにいきなりステーキ1号店オープンでロケットブースター噴射で急上昇、4000円前後から上がったり下がったりを繰り返しながら緩やかに上昇していると今月にはいって日経平均に組み込まれることになるとまたまたロケットブースター2号噴射で一挙に7000円越えです。10月に株主優待が届けば嬉し顔をしながらステーキを食べられそうです。

しかし、優待を受けようと思えば売るに売れないし、このまま持ち続ければ下落するかもしれないと思うと嬉しいけれど本当に悩ましい。